メールFAXは本体いらずでPC・スマホで送受信!
050だけでなく03・06・052など市外局番で専用番号も選べます。

複合機とメールFAXの違い

FAX(ファックス)というとどこの企業にも存在するもので一般家庭にも、かなり普及しています。 しかし、世の中の一般的な認識と聴覚障害者の方々の認識はちょっと違いがあります。 聴覚障害者の方々にとっては大切な伝達手段です。

ファックスによって救急車も消防車も警察官も呼ぶシステムが出来ていますし、行政サービスや一般企業による聴覚障害者向けサービスなども使うことができます。 携帯電話の発展やパソコンの普及により今までよりもさらに文字を伝達する手段というのは出来ましたが、それでもファックスに特化したサービスが聴覚障害者には多く設置されています。

しかし、複合機は外出先に使うことが出来ません。 それに不便を感じる人が多く、メールなどのサービスに移項する方も増えています。

しかし、メールFAXをご存知でしょうか。 インターネット回線を使用し、メールで行うFAXですので携帯電話があれば外出先からも送受信できる新しいファックスです。 電話回線FAXに届くものをインターネットを介してメールで届くというものではなく、複合機は不要なのにきちんと専用番号を持ち、その番号に来たファックスをメールで受信します。

もちろん送信も可能で送信はメールで本文を作成した後普通の電話回線のFAX番号に送ると送信が可能になります。 文字を書いたり複合機と通して送るわけではないのですが、それでもFAXとしての役目をきちんと果たしてくれるのです。 電話回線の料金よりもとても安く聴覚障害者の方々だけでなく一般家庭や企業などでもとても利用者が増えています。 メールFAX同士だけでなく一般の複合機とのやり足りも変わらずできることがとても便利ですよね。 是非、新しい連絡手段としてご活用ください。

契約にあたり注意する点

パソコンの普及は底打ち感が出てきていますが、インターネットを利用したサービスは益々充実してきています。 インターネット回線を利用したサービスの一つに、メールFAXがあります。 従来の電話回線を使った複合機と異なり、インターネット回線を利用するFAXです。 メールFAXは企業に注目されているだけでなく、聴覚障害を持つ人にも注目されているサービスです。 このメールFAXを提供している会社は、規模がまちまちですが、その数15社あまり。 固定電話事業を行っている会社より多くあります。

その中から、どのようにして、契約する会社を選んだら良いのでしょうか。 ではどの会社を利用するか、選ぶときに注目したい項目をピックアップしてみたいと思います。 サービスの料金体系やシステムは各社それぞれで、きれいに分類するのは難しい状況にあります。 各社は取り扱い容量の大きさで、法人向けか個人向けかに分けることができます。

そして、気になるのが料金や機能です。 受信機能がない会社や送信機能がない会社もあります。 一定額の月額利用料がかかる会社とかからない会社があります。 月額利用料がかからないからといって、安いとは限りません。 月額利用料がなくても受信料・送信料とかかる場合があるからです。 また、月額利用料はあるものの、受信無料となっているところもあります。 契約特典を設けている会社もありますので、検討の参考にしてみると良いかもしれません。 まずは、メールFAXをどのように使いたいか、考えてみることが大切です。

送信が多くなるのか、受信が多くなるのか。 その頻度はどれくらいか。 送受信するデータ量はどれくらいか。 それに合わせた会社選びをお勧めします。 各社の詳細はHPを見たり、問い合わせを利用したりすると良いでしょう。

関連情報

Copyright(c) 2015 http://rchlmercer.com/. All Rights Reserved.